« ユウユウサロン岡山 | トップページ | ブレードベベルの削りだし(その2) »

2009年7月 4日 (土)

ブレードベベルの削りだし

ブレードベベルの削りだしをした(片側だけ)。

最初に,開けてある穴に使用するソングホールパイプ,ピンが入るかどうかをチェックする(熱処理後はやすり掛けできないのでここでチェックしておく)。
ピン穴はOkだったが,ソングホールパイプの穴はきつすぎたので丸やすりで修正。
Img_0784

鋼材にブルーインクを塗ってエッジラインとベベルストップを罫書く。
3mm厚の鋼材で削り残すエッジの幅を0.5mmと考えたので,側面から1.25mmの位置でエッジラインを引くことになる。同じようにブレードバック側も罫書く(削るときの目安用)。

鋼材を自作のベベルストップガイドに挟んで,ベベルストップガイド本体をバイスに固定する。
あとは,ブレードのベベルを削っていく。
Img_0787

Img_0789

4時間ほどかけて片側のベベルを削りだした。
Img_0793

久しぶりの力仕事で疲れた。
今日はここまで。
Img_0791

|

« ユウユウサロン岡山 | トップページ | ブレードベベルの削りだし(その2) »

ナイフメーキング-3」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブレードベベルの削りだし:

« ユウユウサロン岡山 | トップページ | ブレードベベルの削りだし(その2) »