« 381系回送列車 | トップページ | ふらりと撮影に »

2009年5月24日 (日)

大塚国際美術館

徳島県鳴門市にある『大塚国際美術館』へ行った。
以前に友人から『すごくいいところだよ。』と話を聞いていたが,なかなか行く機会がなかった。
高速道路&瀬戸大橋の料金も安くなったので行ってきた。

この美術館は古代壁画から世界的に有名な名画を陶板名画として展示をしていて,その数何と1000余点!
A.M.10:30頃に美術館に到着して,閉館時間のP.M.5:00までかけても全部の作品を鑑賞できなかった(昼食は美術館の中にあるレストランでとった)。

オリジナルと同じ大きさで複製された作品を間近で見ると,本などで見るのとは違う感動を味わうことができ,とてもよかった。

館内ではボランティアの方たちによる「人気ベスト10作品ツアー」があって,人気のある作品のベスト10を1つ1つ案内してくれ,詳しく(ユーモアも交えて)説明をしてくれた。

写真撮影もOkということも嬉しかった(受付の方に尋ねたところ『ストロボを使わないのでしたら構いませんよ』と言ってくれた)。

Img_8139
▲エントランスホールを入ってすぐのところにある「システィーナ礼拝堂」。ミケランジェロの描いた天井画(天地創造)と壁画(最後の審判)。

Img_8145
▲レオナルド・ダ・ビンチ「モナ・リザ」

Img_8147
▲レオナルド・ダ・ビンチ「最後の晩餐」<修復前>

Img_8146
▲レオナルド・ダ・ビンチ「最後の晩餐」<修復後>

Img_8177
▲ボッティチェッリ、サンドロ「ビーナスの誕生」

Img_8182_3
▲ムンク「叫び」

Img_8185
▲ムンク「叫び」に描かれている“ムンクの落書き”。“この絵は狂人だけに描き得る”と書いてあるらしい。

Img_8190
▲ピカソ「ゲルニカ」

Img_8211
▲ジョット「スクロヴェーニ礼拝堂壁画」

まだまだ,すばらしい作品がいっぱいで,また来るつもり。

|

« 381系回送列車 | トップページ | ふらりと撮影に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大塚国際美術館:

« 381系回送列車 | トップページ | ふらりと撮影に »