« 超音波クリーナ | トップページ | ファスニングボルトの取り付け »

2008年7月 3日 (木)

ボルト穴の深さ変更

シュナイダーボルト用の穴の深さを5mmにしていたが,ハンドルの形をどんな風にしようかと考えていると,どうも,整形後のハンドル表面からのボルトの直径の太い部分の深さ(長さ)が短いような気がして…
この寸法が短いとハンドルの厚みを薄く削っていくとボルトの直径の細い部分がハンドル表面に現れてしまう。

ヒルトとシュナイダーボルトの付近を上から見た図(ボルトでハンドルを固定した状態の)を図に表してみた。

Img_20080703

今のままだとヒルトの一番幅の広い部分(このあたりまでハンドルを削っていくハズ)とボルトの直径の太い部分の残り部分が1.6mmしかない。

ちょっと短そうなので,もう一度ボール盤でボルト穴の深さを1mm増やして6mmにした。

ナイフメーキング-1の時も,シュナイダーボルトの穴あけには苦労させられた。

次のナイフを作るときには,ピンで留めるようにしようかな。

|

« 超音波クリーナ | トップページ | ファスニングボルトの取り付け »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ナイフメーキング-2」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボルト穴の深さ変更:

« 超音波クリーナ | トップページ | ファスニングボルトの取り付け »