« ヒルトの整形とハンドルの準備 | トップページ | ハンドルの取り付け(その2) »

2008年5月18日 (日)

ハンドルの取り付け(その1)

ファイバー・スペーサを接着したエポキシが硬化したのを確認して,スペーサの余分なところをカッターで切り取り,周囲をベルトグラインダー(#240)で整える。

Img_200805180

ハンドルとヒルトの間に入れるスペーサを準備し,

Img_200805181

ナイフ本体にエポキシ接着剤で接着する。
この時に注意することはハンドル,ヒルト,スペーサ,タングに隙間が生じないようにすること。

Img_200805182

ヒルトの前部とハンドル後部を木工バイスで押さえておいて,タングとハンドルをノンツイストクランプでしかっりとクランプする。
本来なら,このままの状態でエポキシが固まるまで固定しておくのだけれど,木工バイスの固定が不安定(徐々にバイスの口から外れてしまう)なので,ノンツイストクランプだけでクランプしておくことにした。

Img_200805183

|

« ヒルトの整形とハンドルの準備 | トップページ | ハンドルの取り付け(その2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ナイフメーキング-2」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハンドルの取り付け(その1):

« ヒルトの整形とハンドルの準備 | トップページ | ハンドルの取り付け(その2) »