« ブレードベベルの整形(その2) | トップページ | 金光臨 »

2007年10月 6日 (土)

ブレードベベルの整形(その3)

昨日,Matrix-AIDAに注文していたオイルストーン・スティックが届いた。
Img_20071006


今日の作業は,ブレードをオイルストーン・スティックで磨き,予定の0.5mmの厚みに仕上げること。
やすりだと,ちょっとの油断で削り過ぎや深い傷が入ったりしていたが,オイルストーンだと,そうした心配は余りない。そのかわり,時間はかかる。

オイルは専用のホーニング・オイルではなく(高価なため),ミシンオイル。これは,Matrix-AIDAの相田さんから教えてもらった。相田さんは,ナイフメーキングに関する初歩的な質問や相談など,とても丁寧に答えてくれるので,大変助かっている。
Img_20071006_3


最初,ブレードの下には何も置かずに磨いていた。
ポイント付近を磨くときはオイルストーンを押さえる力でブレードが曲がり,無意識に力を緩めてしまうのか,ポイント付近があまり磨けず,エッジの厚みが薄くならなかった。
そこで,鋼材の切れ端をナイフに下に敷いて磨いた。こうすると,ブレードの曲がりを抑えることができ,ポイント付近も他の部分と同じように磨くことができた。
Img_20071006_2


ほぼ一日かけてエッジを0.5mm程度に仕上げることができた。
Img_20071006_1

|

« ブレードベベルの整形(その2) | トップページ | 金光臨 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ナイフメーキング-2」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。