« 熱処理完了 | トップページ | 熱処理後の研磨作業 »

2007年6月 3日 (日)

酸化被膜の除去

今日の昼過ぎから少し時間がとれたので,熱処理から戻ってきたナイフの表面に付いている酸化被膜を落とす作業をやった。

保管していたプチプチビニール袋から取り出したナイフ。茶色い酸化被膜が付いている(タング部分が多い)。
  ↓
Img_1096


ナイフ全体を#800の耐水ペーパで酸化被膜を除去していく。
だんだんと,耐水ペーパのかけ方のコツがつかめてきた。
水洗ビンで削りカスを洗い流すのに加えて,水を入れた茶碗を用意しておき,ペーパを2~3往復させるごとにペーパを洗うと,きれいに仕上がる。
当然,ペーパの同じ部分ばかりを使うのではなく,適当な間隔で新しい部分に変えながら研磨していく。
この間隔がイマイチわからないなぁ(間隔を短くするとペーパの消耗が早くなっていくし…)。

酸化被膜を除去したナイフ。
  ↓
Img_1098

|

« 熱処理完了 | トップページ | 熱処理後の研磨作業 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ナイフメーキング-1」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。