« 中庄駅にて | トップページ | タングとブレードの研磨作業 »

2007年5月 7日 (月)

はじめてのナイフメーキング

3月から念願のナイフメーキングを始めた。
モデルは憧れの相田さんの3インチセミスキナー。

ナイフショップで鋼材やハンドル材,ホームセンターなどで製作に必要な工具類を少しずつ揃えながらの作業。

鋼材は「大同特殊鋼」の「大同1K」(板厚3mm),ハンドルはスタッグ。岡山にある「ナイフショップつぼい」で購入した。

なかなか製作にあてる時間がとれないのと,製作に必要な簡単な道具類を作りながらなので,時間がかかる。

GWに製作する時間がとれ,少しそれらしくなってきた。

ここまでの作業は,鋼材からナイフの形にカットして穴あけ,やすりでブレードベベルの整形,全体に#240の耐水ペーパで研磨したところ。

【研磨終了後の状態】
Knife

タング部分の鋼材表面の黒皮の一部が取れきっていないような…
#160 or #180あたりで研磨しないといけないかなぁ?

【これまでの作業で気づいた点】
・ベベルストップの立ち上がりの加工が非常に難しい(立ち上がり部分の形状がブレードの表と裏でそろってない気が…)。
・ポイント付近のエッジ幅が少し太いかも(?)

初めてなんで仕方ないか… (^^ゞ

|

« 中庄駅にて | トップページ | タングとブレードの研磨作業 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ナイフメーキング-1」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。