« ヒルトの加工(その2) | トップページ | 熱処理へ依頼 »

2007年5月20日 (日)

熱処理前の最終研磨

今日は休みで時間がたっぷりあったので,熱処理前の最終研磨をした。

最初にブレードバック,カットアウト部を#600で研磨。
これで,必要な部分全てが#600で研磨されたことになる。

熱処理前の研磨は#800のペーパですることにして,ブレードにヘアラインも入れる。
実際にやってみると,かなり難しい。
ヘアラインを入れる作業にペーパのあて木の平面部分でやっていたら,何度やっても縦に細かな傷が入ってしまう。
この傷を消すためにペーパの同じ部分ばかりで研磨をすることになってブレードが鏡のようになってしまった。
  ↓(カメラのレンズが写ってる)
Img_1062


後でペーパのあて木のくさび形の部分でヘアラインを入れると傷が入らないことに気づき,やり直し。
今度は常にペーパの新しい部分を使うように注意し,一度ペーパをあてるごとに水で洗いながらヘアラインを入れてみた。
  ↓
Img_1065


ブレードバック,カットアウト部分も#800ペーパで研磨。
カットアウト部分は5mm角の木片にペーパを巻きつけて研磨する。
  ↓
Img_1063


ペーパの目が細かくなるにしたがって,ちょっとした傷が目に付くようになる。
加えて,やすりでブレード整形をした時のベベルストップの立ち上がり部分の形状が表と裏で違うのが気になりだした。
(T_T)

熱処理前なので,やすりで再整形可能だけど…
そうなると,ペーパの研磨もやり直し!!
\(◎o◎)/!

うーん…

|

« ヒルトの加工(その2) | トップページ | 熱処理へ依頼 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ナイフメーキング-1」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。